住宅の購入|暮らしの中心になる家は安心の不動産選びが重要|マイホームで幸せ

暮らしの中心になる家は安心の不動産選びが重要|マイホームで幸せ

住宅の購入

家

注文住宅と建売の違い

「家を買う」時の方法は、主に、注文住宅で自分の家を建てる場合と、既に建てられている建売を購入する場合の、2種類の方法があります。 もしもあなたが、家を買うとするならば、どちらの方法を選びますか。 注文住宅と建売、それぞれにメリットがあります。 例えば、注文住宅にする場合は、自分の理想の家を建てることができます。 既に建てられている建売の場合、触れる場所は限られています。 しかし、注文住宅では白紙の状態で始まるため、そのようなことはありません。 建売の場合は、注文住宅で同じ大きさの家を建てるよりも、価格が安くて済みます。 注文住宅は、自分の理想が規格外であればあるほど、その価格は高くなっていきます。 しかし、ある工夫をすることで、価格を抑えることができるのです。 その工夫とは、「必要最低限の設備しかつけない」ということです。 例えば、キッチンやお風呂、トイレは自分で設置をするのが難しいので、そこはつけてもらいます。 そして、必要な食器棚などは、自分で安いものを探してきます。 こうすることで、設備に対する金額を抑えることができ、全体的な金額も抑えることができます。

メーカーの新しい取り組み

注文住宅は、どうしても「お金がかかる」というイメージが強いですよね。 実際に、自分の理想に近づけようとすると、どんどん金額が高くなっていきます。 しかし、メーカーの中には、少しでも価格を抑えるために、ある取り組みをしているところもあります。 その取り組みとは、「基本プラン」の設定です。 家を建てる時には、キッチンならこのメーカー、お風呂ならこのメーカー、と各設備毎にメーカーを決めていきます。 しかし、このプランでは、メーカーを統一することにより、そのメーカーの特別価格で家を建てることができるのです。 もちろん、このプランを選ぶことで、自分の理想通りにできない部分もあります。 しかし、このプランでは、ある程度自分の理想を実現することができ、かつ価格を抑えることもできるのです。 注文住宅を建てる際には、一度営業の人に、そのようなプランがあるのかを、質問すると良いと思います。