暮らしの中心になる家は安心の不動産選びが重要|マイホームで幸せ

住宅の購入

家

家を買うには主に、自分の住宅を注文住宅で建てる方法や既に存在する住宅を購入するのかです。どちらの住宅にも、メリットがあり自分の予算や便利性を考えて購入を検討することが大切です。

もっと見る

理想の注文住宅

ハウス

注文住宅は、自分の夢を叶える事ができる魅力があります。またデザイン住宅は、一つ一つこだわりのデザインで家を建てる事が出来ます。また、住宅を建てる際には、駐車場をどの位置にどのように設けるのか考えることが大切です。

もっと見る

こだわり住宅

婦人

全てをこだわりのある住宅にするためには、デザイン住宅を利用することで可能です。オーダメイドで設計を出来ることが魅力的で人気が高いことが言えます。予算内で建てるためにも業者との相談を行いましょう。

もっと見る

駐車場を設置する

部屋

駐車場を計画するときは

車を所有している人は、新築一戸建てを長岡京市で建てる際、不動産に関することだけでなく駐車場のこともしっかり考えなくてはいけません。駐車場の位置を決めるときは、玄関との関係に注意しましょう。基本的には、道路から玄関までの間の動線をしっかり確保することです。車を避けながらでないと玄関まで行けないと言うような動線は避けます。 新築一戸建ての駐車場の計画をしているとき、どれ位の幅や長さを確保すればいいか分からない人は多いです。標準的なサイズの車がスムーズに出入りするためには、5m30cmの長さが必要と言われています。長岡京市の業者の中には5mで問題ないと言う人もいますが、ある程度余裕を持たせておくようにしましょう。幅は2m50cm以上は確保することです。

駐車場には色々なタイプがある

新築一戸建ての駐車場のタイプは主に4種類あります。どのタイプにするかは、敷地の広さや状況、車への思い入れによって変わってきます。防犯のことを考えればガレージタイプが一番安心と言えるでしょう。 しかし、新築一戸建ての駐車場でよく見られるのは、オープンタイプかカーポートタイプです。オープンタイプは車が雨風にさらされますが、車を停めていないときは子供の遊び場としても使えます。カーポートタイプは、オープンタイプよりは雨風がしのげますが、屋根の材料が地域によって規制があります。 ピロティタイプは、不動産の中でも狭小敷地の3階建て住宅などでよく見られますが、しっかり構造計算をして、耐震性に問題が無いようにすることが大切です。